お知らせ:和の文化講座シリーズ  「和の器」

官兵衛・長政と高取焼

高取焼のルーツに迫る

官兵衛は徐々に茶の湯の世界を知り、ついには千利休に弟子入りするまでに没頭していきました。 その官兵衛を父に持つ長政が、朝鮮出兵の際に、陶工 八山を連れ帰ったのが高取焼の始まりと言われています。

日時:平成26年2月2日(日) 13:30〜15:30

場所:福岡市博物館 講座室1

講師:十五代  亀井 味楽氏

:田坂 大蔵氏(福岡市博物館顧問)

:志村 宗恭氏(NPO法人和の文化研究会副理事長)

会費:2000円 (おみやげ付:限定品・高取焼黒田家家紋付き湯呑)

申込・問合せ:NPO法人和の文化研究会  担当:戸川

TEL/FAX:092-511-6417

E-mail:info@wanobunka.org

官兵衛・長政と高取焼チラシ_ページ_1     官兵衛・長政と高取焼チラシ_ページ_2


カテゴリー: お知らせ, 催事案内 パーマリンク